スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年12月15日

JSCへの道(ホルスターその3)

さてさて、

サファリランドの部品を取り付けて、

完成しましたぁ♪


裏から見ると、

こんな感じ。


どう取り付けたかと言うと、

こうなっています。


もとのアーニーヒルのホルスターのベルトループの部分を、

そのまま使用しているので、かさばって、重いです。

しかし、ベルトループ部分がスペーサーの代わりとなり、
ホルスター自体が体から少し外側に離れたので、ドローは
しやすくなりましたぁ♪


ご覧のように、

グリップ位置は下にさがり、なおかつ銃も体から外側に出ています。



アーニーヒルと、



サファリランドの、


2個イチカスタムの完成です♪

おかげで、JSC本番ではひじょうに抜きやすかったです。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(0)ホルスター

2010年12月14日

JSCへの道(ホルスターその2)

さてさて、

では、

カスタムで使う前の、サファリランドのホルスターをご紹介しましょう♪

コチラの『009』モデルになります。
カイデックスを革で挟んだ、「サファリラミネート」使用のモデルですね。


現在現役の、『012』と比較してみましょう♪

ちなみに重さは、『009』は、470g、
それに対して、  『012』は、435g、

と、見た目ほど、009は重くないですね。


トリガーロックの部分も、

同じノブです。


しかし、

こうして比べてみると、かなりデカイですね。

コンプ先端で保持するのは同じなのですが、長さの調整は出来ないので
6~7インチでの使用となります。ホルスターの幅が広いのは、当時の
ダットなどのマウント付きの銃でも保持出来るように、内部が広くとって
あります。


股に当たるブロック部分は、

009はABSのブロックの塊そのままですが、
012では肉抜きされています。

しかし、これはよしあしで、肉厚な009方がしっかりと保持出来るので、
「こちらの方がいい」、という方もいるでしょうね。
ちなみに私は旧タイプの方が、しっかり保持出来ると感じました。


ホルスターの、

高さの調整や、


ホルスターの、

向きも調整できます。


なので、

このように、ボランドを突っ込んでも、そのまま使用出来ます♪


グリップの位置も、

低くできるので、抜きやすいです。


だったら、このまま使えばよかったのにねぇ~。

へんなこだわりがあったので、

やっぱりアーニーヒルが使いたくって、


サファリのホルスターから、

この部分だけ拝借♪


次回、

いよいよ合体です!

  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(2)ホルスター

2010年12月13日

JSCへの道(ホルスターその1)

さてさて、

無事にボランド・ロングコンプの記事は終了しましたが、
あとちょっとだけ、関連記事を書かせて下さいね♪

JSCで、ボランドを出場ガンに決めてから、当然使用する
ホルスターも当時の物にこだわりました。


実銃の写真にも出ている、「アーニーヒル」のホルスターを使います。

こちらですね♪


アーニーヒルの、

「FAS-TRAK」、6インチ用です。
ボランド自体は6.5インチあるのですが、問題なく入ります。


しかし、


装着状態ですと、

ベルトの位置に対して、グリップが大分上になってしまいます。
これでは、スピードシューティングの場合、ホルスターからの
ドローがひじょうに抜きにくいので、ホルスターもカスタムする
事にします♪


ちなみに、

2008年のJSCでも、リブサイト付きのGMターゲットを、
カスタムしたアーニーヒルと共に使用しました。


この時は、

アーニーヒルと、テッド・ブロッカーの2個イチカスタム
ホルスターだったのですが、(なんと贅沢なぁ~!)


今回のボランドでは、

サファリランドのホルスターとの2個イチです♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(4)ホルスター

2010年09月01日

インサイドホルスター

※ryochanさんが新しくホルスターを入手されたので、連動企画です♪
 
 ryochanさんの記事はコチラです♪


最近、チームRタイプの練習会でも使用率の高いホルスターが、 

こちらのインサイドパンツタイプのホルスター、MILT-SPARKSの
Summer Special 2です。


このホルスターの詳しい特徴などは、コチラをご覧下さい。


サマースペシャルの名に相応しいように、

残暑厳しい9月最初の記事は、こちらをお送りしておりま~す♪


本当は、オフサーズサイズのコンパクト系用のホルスター
なのですが、画像のように、コマンダーサイズの銃も入ります。
ちょっとだけ、浮き気味なのですが、逆に抜きやすかったり
します。


本日の練習会は、

この銃で参加しましたぁ♪


と、いうのも、まだJSCで使用するレースガンが完成して
おりませんので・・・


『KKスペシャルをコマンダーサイズにしたら・・・?』、が
カスタムのコンセプトです。
KKスペシャルは、まだ入手していないので、それっぽく、
しかも、シューティングで使いやすいように、スライドは
ABS製です。


こちら、

使用前、使用後みたいですが、



色の薄い方がryochanさんの新品で、色の濃い方が私のものです。

私のは入手してもう何年もたっているので、ご覧の有様ですが、
もともとは、ryochanさんのと同じ色でしたぁ。


こうやって、使い込むほどに味わい深くなっていくのも、革製
ホルスターの魅力ですよね~♪






  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(4)ホルスター