スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月29日

シルバー コンチョ

せっかくの素晴らしい井浦先生の作品なので、
少しでも見栄えをよくするために、シルバーアクセサリーを扱う
ショップで、こんなものを作って頂きましたぁ♪


なんだかわかります?

小さいけれど、コンチョです。しかも、純銀製♪

あれですよ、外国製の硬貨や、シルバーアクセサリーを
リベットやボタンにして服とか革製品に着けるじゃないですか、
あれです。


ギャルコの太っといベルトに止められるように、

長めのネジ穴にしてもらいました。


こうやって、ネジ止めします。

この他、服のボタンとして使用するために裏側は輪っかの付いた
ループ状にも加工してもらえます。


可能な限り、一番小さいサイズでお願いしたのですが、

それでももとのギャルコの真鍮製と比べると、ちょっと大きめです。


そして、装着!

やっぱりシルバーにはシルバーでしょう♪


付属のベルト通しも、

邪魔だったので、取っちゃいました。

これにて完成~♪

わ~い!これでいつも井浦先生の作品と一緒デス♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(4)エングレバックル

2010年09月28日

エングレバックル 装着

さてさて、


井浦先生に彫って頂いた、エングレーブバックルを、

大好きなギャルコのベルトに装着です!

う~ん!至福の時♪

でも、よく見ると、

なんだか違和感を感じました。
はて?なんだろう・・・?


ここです!

バックルがシルバーなのに、止めるリベットが真鍮の金色
なので、なんだかまとまりのない感じに思えちゃいました。


まぁ、

実際にベルト着用しちゃえば、見えなくなるんですけどね・・・


続く・・・?



  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(0)エングレバックル

2010年09月27日

GALCO ベルト

さてさて、

だいぶ間が開いてしまいましたが、

井浦先生に彫って頂いた、シルバーバックルに相応しいよう、

ベルトを用意しました。


私の一番好きなホルスターメーカー、

GALCO(ギャルコ)のベルトです♪ やっぱり身につけるなら、
好きなものを身につけたいですもんね。


サイズはちょっと大きめの32。

これには訳があり、インサイドホルスターを付ける時を考えて
のことです。


厚みも十分過ぎるくらいあり、

なんと!5mmもあります。


バックルにも刻印があります。

せっかくの刻印も、バックル外しちゃうのでもったいないですが。


そうなんです、このベルトを選んだのは、

質の良さと好きなメーカーという以外に、
バックル部分が取り外し可能だったからなんです♪


このように、

ネジを外すと、


ベルトからバックルを外せます。

これが出来ないと、せっかくのベルトでもバックルが装着
出来ませんもんね~。




  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(0)エングレバックル

2010年09月03日

エングレ バックル

で、

井浦先生にエングレーブを彫って頂いたシルバーバックルが

こちらになります♪


全体像です。

小さいバックルのキャンバスに、これでもかと唐草が
勢いよく溢れています。



タガネの切れ味が鋭く、

切ったあとが、「キラっ!」と輝いて見えます。


アラベスク模様(唐草模様)以外のところには、

全て細かいナナコ(つぶつぶ)が打ってあります。


そして、縁取りのダイヤカットは、

ただのカットではなく、ダイヤの中にもナナコを打つという
手の込んだ仕上げになっています。ここも光の反射などで
「キラっキラっ!」と輝く部分であります。


そして、バックルの裏には、

私のパーソナルマークでもある、


この狼の画を、

スクリムショウで彫って頂きましたぁ~♪
見えないところにオシャレする、これがほんとのおしゃれってもんです。


井浦先生の作品を常に身につけるこの喜び、

いやぁ~、ほんとうにうれしいです♪
井浦先生、ありがとうございました。

こんなに素晴らしいバックルですから、取り付けるベルトも
それに相応しいものが必要ですねぇ。


続く・・・


  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(6)エングレバックル

2010年09月02日

銃以外にエングレ

エングレーブ、

銃に彫刻を施す、というトイガンの新たな魅力に引きこまれて
だいぶ経ちました。それまでは、サバゲで使う道具として銃と
接してきましたが、エングレーブを施すことにより、銃が芸術品
に生まれ変わりました。

エングレ倶楽部メンバーの皆さんと出会い、日本が世界に誇る
エングレーバー、井浦先生ともお会いする事が出来ました。

今は引っ越して神奈川に来てしまったのですが、以前、世田谷
にいた時は、井浦先生のお宅まで歩いて20分くらいで行けた
ので、ちょくちょく遊びに行っておりましたぁ。
最近はご無沙汰ですので、寂しいっス・・・

そんなこともあり、井浦先生の作品を常に身に付けられないかなぁ
と思うようになりました。
エアガンでもモデルガンでも普段持ち歩く訳にはいきませんし、
小さくてもナイフはご法度です。
ジッポーにエングレという手もあるのですが、残念ながら私は
タバコを吸いません・・・。


そんな訳で、思いついたのが、

コチラです♪


そうです、ベルトに付けるバックルですね。

純銀度95%の、950シルバー製で、厚みも2mmあります。
値段の割には、作りがよくって、先生もこれならいい作品に
なりそうだと、太鼓判をおして下さいました。
(アルバカーキなんて、高級品は私には無理っス)


エングレのための資金を貯めているうちに、だいじそ党首に
先を越されてしまいましたが、やっと先生にお願いする事が
できましたぁ~♪


子連れさんにはキャトルブランドは似合わない、

と、先生に言われましたので、シンプルで飽きの来ないよう
アラベスク模様(唐草模様)でお願いする事にしました。


先生にオーダーしたのは、

 ・生命力溢れるような、力強い唐草模様で、

 ・バックルの縁取りは、ダイヤカットで、


それと、

 ・バックルの裏側にも彫って下さい♪


との3点のみです。
あとはお任せでお願いしました。

BHでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
どのように仕上がりましたでしょうかね?


続く・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(2)エングレバックル