2009年05月03日

スクリムシャンダーへの道 2

さてさて、
象牙のグリップにエングレーブの一種である、スクリムショウ
を行いますが、さすがにいきなり彫るのは無謀であります。

なので、まずは下絵を描きます。しかし、下絵を描く前にも
下準備が・・・。


シャープペンシルを2本用意します。

別に同じものでなくてもいいのですけどね。


用意するのは、0.3mmのシャーペン。

とりあえず、色違いで同じ物をそろえました。


普段使い慣れている0.5mmと比べると、

その細さがわかりますね。


このただでさえ細いシャーペンの芯を、

このように斜めに、書いてこすって、


芯の先端を尖らせます。

針のようですね。


実際に線を引いてみると、

太い方から、0.5mm、ふつうの0.3mm、尖らせた
0.3mmとなります。


この細い線で、

描くものの輪郭を描いていきます。


普通の0.3mmのシャーペンは、

内側や影の部分を表現するために使います。


本日の教訓 「ちゃんとした下絵が完成品の出来を左右する
         細く、細かい線が明日へと繋がる」


続く・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)

2009年05月02日

スクリムシャンダーへの道 1

さてさて、

新コーナーの始まりですよぉ♪


彫刻のエングレーブの技法のひとつに、「スクリムショウ」
というものがあります。象牙や動物の骨などに、細い針を
刺したり、引っかいたりしてエッチングを施す技です。
もともとは、捕鯨全盛の時代に、船乗りが鯨の歯に彫った
のが始まりとされています。



ゲームする人→「ゲーマー」

撃つ人→    「ガンナー」

造る人→    「モデラー」

ここらへんはよく耳にしますね。

変わったところだと、
シャーロック・ホームズを愛好する人たちの事を、
「シャーロキアン」、なんて言ったりします。


では問題。
スクリムショウをする人達の事をなんと言うでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・




答え>「スクリムシャンダー」


う~ん、「スクリムシャンダー」
カッコいい響きじゃないですか♪

この物語は、ひとりの男が無謀にも、
エングレーブの一種である「スクリムショウ」
に挑むものである。
(※監修 指導 井浦勝雄先生)


なお、この男の技量によっては、この企画自体が
ボツネタになる可能性がありますが、
当局は一切関知しません。
井浦先生とスポンサー以外のクレームは一切お断りします。


もともとはですね、
ジェフ・クーパーの1911を造ろうとしてですね、
その最大の売りである、レイブングリップを
象牙で井浦先生に彫って頂こうと思っていたんです。
(この時はまだ、WAからジェフ・クーパーモデルが出るなんて
想像すらしてなかった時です)

そしたらですね、先生の、「自分でやってごらん」
の一言で、無謀にも挑戦することになりました。


でも、
いきなり象牙のグリップにすぐにスクリムショウを
施す訳にはいきません。
(だって、高いし、失敗出来ないもん!)

道のりは長く、険しいのであった・・・。


本日の教訓 「スクリムショウは時間と労力、根気のいる仕事である
         しかし、完成した時の喜びはひとしおである」                           


続く?



  


Posted by 子連れ狼  at 00:03Comments(0)