2011年03月10日

オイル仕上げ その2(銃床油)

さて、

お次はオイルを擦り込みます。



オイルは、通常のアマニ油とは違い、

薄~い赤に着色されています。


オイルを適量とり、

グリップに摺りこみます。
木材が柔らかかったり、荒いと、どんどん染み込みます。
逆に、硬い部分は染み込みにくいです。


摺りこんでも染み込まなくなったら、

またペーパーで研ぎあげます。


こんな感じになります。深みが増しましたかね?

ペーパーかけにより、素材自体は「ツルっ」っとしているのですが、
表面はオイルを含んでいるので、ツルツル、スベスベというよりは、
「しっとり」とした感じでしょうか?


次回は、仕上げになりま~す♪










同じカテゴリー(ケミカル)の記事画像
オイル仕上げ その3(硬化剤)
オイル仕上げ その1(目止め)
オイル・フィニッシング・キット
同じカテゴリー(ケミカル)の記事
 オイル仕上げ その3(硬化剤) (2011-03-11 00:04)
 オイル仕上げ その1(目止め) (2011-03-09 00:04)
 オイル・フィニッシング・キット (2011-03-08 00:04)

Posted by 子連れ狼  at 00:04 │Comments(0)ケミカル

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。