2010年12月08日

JSCへの道25(完成♪)

これを持ちまして、

ボランド・ロングコンプの、マグナブローバック化無事に終了です♪

もともとは、ちょっとした弾みからはじまったガスブロ計画でしたので、
最初は、「それらしく見えればいいかなぁ」なんて軽く考えていた
のですが、お世話になった皆さんのカスタム技が入るごとにその
ボランドの再現度は増して行きました。

しかもそれは、観賞用ではなく、実戦で使っても問題なく撃てる
どこに出しても恥ずかしくない作品に仕上がりました。

以前、井浦先生からお聞きした話で、「江戸時代になぜ素晴らしい
工芸品が多いかと言うと、分業がしっかりしていたから」というお話が
ありました。刀のツバひとつをとってみても、形にしたり、削ったり、
彫ったり、ナナコ打ったり、磨いたりと、たくさんの職人さんの手が入っている
訳です。ひたすらナナコだけを打つナナコ職人がいる、と聞いたときは
さすがにびっくりしましたね~(よく飽きないもんです)
戦国時代と違い、争いもなく平和な江戸時代だったので、こういった
文化的な技術が発展していったのでしょうね。

今回のボランドもまさにそんな感じです。皆さんの得意なカスタム
箇所で思う存分にその技を発揮して頂いた事でここまできました。

あじゃさん、Tangoさん、モデル工房Sさん、SEIJIさん、(naoさんも)
ありがとうございました!

ボランド・ロングコンプが完成したのもうれしいのですが、
それよりも、ショップカスタムでもないのに、まさに、製品と言っても
おかしくないくらいの仕上がりにしてしまうカスタマーさんが、
自分の周りにいて、仲良くして下さっていることがひじょうにありがたいです。
皆さんとの出逢いに感謝したいと思います。

ありがとうございます!


こちら、

実銃の画像です♪


ほぼ、

同じように再現出来たと思います。
(銃の下のホルスターまで同じです♪)

あとは、

願わくば、Tさんに写真を撮って頂ければ、もう、思い残すことは
ありませ~ん!
(※後日、T館長様に撮影して頂きましたぁ~♪)

う~ん、カッコイイ!


(※注 これはMGC製品ではありません)

T館長様、撮影ありがとうございましたぁ♪



成績はともかく、

JSCでも、全8ステージを撃ち終える事ができましたぁ♪

25周年の記念大会だったので、ほぼ20年前に作られた、
実銃のボランド・ロングコンプへのオマージュにもなったのではないでしょうか?

ベースとなったMGCの固定ガスガンですが、
ボランドに限らず、今見ても、メッキや仕上がりの美しいモデルが
たくさんあります。皆さんも、懐かしのあのモデルをガスブロ化して
みませんか?

今よりも、もっともっとカスタムチックだった、あの80年代のガバカスタム
を再現してみましょう♪
ほとんどが、オリジナルパーツばっかりで、再現のハードルが最も高い
ボランドが出来たのですから、他のモデルの再現はもっと簡単だと
思われます。シューティングの大会とかで、懐かしのモデルで撃てたら
最高ですよ!


ではでは、
ご拝読ありがとうございましたぁ♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(12)ボランド・ロングコンプ