スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月17日

モデル工房へおじゃまする

今回、なぜに『エングレ倶楽部 in 大阪』に至ったかと言うと、

今まで、エングレーブや刻印、グリップ製作でお世話になっている

モデル工房Sさんですが、まだお会いした事がなかったので

ちゃんとご挨拶をしたかったのと、JSCで使用するレースガン製作

のための加工依頼があったからです。

BHでも、So-Suiさんには東京に来てばっかりでしたので、

こちらからも遊びに行こうと思いまして・・・

私は参加出来ませんでしたが、昨年もエングレ倶楽部の有志で

大阪ツアーがありました。

なので、今回は第二回目になりますね♪


そして、


こちらが、

そのモデル工房Sさんの工房になります♪


工房に入るとすぐ、

3D加工用の機械があります。


機械の先に、

刃が付いているのですが、機械が自動で刃を付け替える
のだそうです。(すごい機械ですね!)


刃の細さも、

ハンパないっス。


色々な、

種類の先っぽがあります。


ここら辺が、

お仕事場でありながら、趣味の色合いが出ていて
なごむところであります。
(画像撮るの忘れましたが、工房の奥のショーケースの中には
沢山の車のプラモがありました♪)


こうやって、

PCからのデータが送られて、機械が削り出すわけです。
(画像はまだモデル工房SさんのブログでもUPされていない
マル秘スクープです!)

仕事場ではありますが、こうやってご自分の工房を持てる
なんて男の夢でありますね。
うらやましいかぎりでありま~す!

てるぱさんもお仕事で機械を使っておりますし、
SEIJIさんもご自宅に機械がありますし、
あじゃさんもセカンドバックにいっぱいのヤスリ持ってるし、
私なんて、自分の机もないのにぃ。
くぅ~!

何はともあれ、
実際にモデル工房Sさんにお会いしてみて、その控えめで
真面目なお人柄が、あの素晴らしい作品に出ているんだと
あらためて感じました。

以前やりとりしたメールや、昨日の宴会の席でもSさんが
お話していましたが、納品しても依頼者の顔が見えない
お仕事ではありますが、エングレ倶楽部で製作を依頼され、
皆さんに喜んで頂いたり、コメントや感想などを頂けることが
ものづくりの喜びや楽しさになっているそうです。

料理人だってそうですよね。お金を頂けることより、
食べてもらった人に、「美味しい」って言ってもらう事が
なによりの喜びでありますよね~。

井浦先生も、以前はほとんどがメーカーからの依頼で
黙々と彫っていましたが、エングレ倶楽部のおかげで、
その人のことを思いながら彫っていて、皆さんに見て頂いた
時の喜ぶ顔が、何よりもうれしいのだそうです。

そうですよね、
こういった人と人を繋ぐ想いが、Sさんや井浦先生の
造る作品の素晴らしさに表れているんだと思います。

と、

いうことで、皆さんも、モデル工房Sさんや、井浦先生に
ジャンジャンオーダーしましょう♪(オイっ!)


モデル工房Sさん、

今回はお仕事場を拝見させて頂きありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。






  


Posted by 子連れ狼  at 00:04Comments(4)大阪の陣